12月 こどもクラス 臨床美術アートプログラム『クリスマスキャンドル』

冬休みに入る前に臨床美術アートプログラム『クリスマスキャンドル』制作をしました。

それぞれに、いつまでも眺めていたくなるような素敵な作品になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月 こどもクラス『織物ポーチ作り』

外は寒くてもわいわいおしゃべりしながら手を動かしてあったか気分。

「お父さんのメガネ入れ」「お母さんのペンシルケース」「自分用のメガネ入れ」「コイン入れ」等、みんなそれぞれに目的を持って楽しく制作できました。

 

 

 

 

12月 おとなクラス『つながる色と形 フロッタージュパズル』

色鉛筆を使って、フロッタージュでできた形をつないで、色と形の流れやリズムを楽しみながら制作しました。

  

 

 

   

 

 

11月 おとなクラス『クリスマスキャンドル』

パイプオルガンのクリスマスの曲を聴きながら、グラスにその独特の音色の響きを表現していきました。

 

 

 

おとなクラス 10月『さつまいもの量感画』

さつまいもの形態や硬さを触覚的に、また微妙な色の変化をオイルパステルで混色しながら描きました。

あずまいも、なるといも 食べ比べめもしてみました。

どちらも、美味しい。食欲の秋です。

 

  

 

 

 

おとなクラス9月『秋草の墨絵』

花を生け、周りに生まれる空気を感じながら、野草の印象を描きました。

エノコログサ、ススキ、草萩、ヒメジオン、ヤブカンゾウ、、、秋の野原に分け入り、くっつきむしと格闘した秋の日。

野に遊んだのは何年ぶりかしら?

 

 

 

​     

おとなクラス8月『ステンシルバッグ』

キャンバス地のバッグに、ステンシル技法を理解して重なり合う色面の面白さを楽しみながら、

実際に使えるオリジナルバッグを制作しました。

 

出来上がった皆さんの作品を見ていると、なぜか不思議な統一感があるような、、、。

 

 

 

 

おとなクラス7月『清流を描く』

水の流れに身を任せながら、刷毛を使って障子紙に気持ち良く清流を描きました。

猛暑の中、気持ちは涼やかな水辺にワープ。

冷んやりとした風が水しぶきと共に運ばれてくるようです。

 

  

 

 

 

 

 

 

こどもクラス7月『光と影の貯金箱』

夏休み前恒例の工作。

描いたり、削ったり、組み立てたり、切ったり、貼ったり、

段ボール箱が美しい光の世界に変身しました。

お金を入れるところを設けて、見て楽しめる貯金箱になりました。

 

こどもクラス7月『不思議な雨傘』

幼〜小2までのみんなは、『不思議な雨傘』を描きました。

どんな大雨でも、その傘に入れば暖かな安心な世界。

傘の中には、色々な人や生き物が登場します。

 

小1

 

小2